FC2ブログ
Pinky:mabi.(マビノギピンキー)改造レポと、マビノギゲーム日記時々やってました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前回の内容はこちら
 引き続き、シル嬢のれすロフ服の工程を。
 途中の写真が無いので説明だけになりますがご容赦を。
 どの順番で書こうか悩みましたが、
 前回スカートまでだったので、先に服を下から、
 そして靴という順にやっていきます。
 
 ■スカートの裾にフリルをつける
 パテを練って細長くしたものを、スカートの裾に巻き付けます。
 指で伸ばして一周させて、表にも裏にもしっかりつけます。
 長さや厚みを均一になるように整えてから、フリルにします。
 爪楊枝などを使って、軽く押さえると裾が曲がるので、
 外側に曲げたら隣を内側に、と順番に曲げていきます。

 ■エプロンを作る
 まめったい人は分割しちゃうのかもしれませんが、
 私はそのままパテを盛って一体化させて作りました。
 マビssを見ながらエプロンの形にパテを盛り、
 固まってから削って、フリル以外の形を整えて、
 スカートの時と同様に細長いパテをくっつけます。
 ただしこちらは柔らかいうちに波立たせるのでは無く、
 固めてからカッターで切り込みを入れて凹凸を作っています。

 ■ウエストあたりを作る
 やり方はエプロンの時と同じ感じで。
 念の為、外していた腕パーツをつけて、
 干渉しないか見たりバランスを見たりしながら。
 しるぴんは腕を曲げて手を腰に当てるパーツなので、
 あんまり気にしなくても良かったのですが、
 普通の自然に腕を下ろしているパーツなどでは、
 ここでぶつかることも考えられるのです。

 ■腕パーツ(袖)を作る
 少し膨らみぎみの袖の形に盛って、
 カッターでフリルを削り出してます。
 腕は胴に接続するので、胴にメンタム塗って、
 パテがくっつかないようにしてから、
 腕をはめた状態でパテを盛るといいかんじです。
 固まってから外して、削って形を整えました。

 ■上半身の細かいトコを作る
 上半身の形を整えて、軽くやすりがけしておきます。
 ただし、あんまりつるつるに仕上げすぎると、
 パテがうまくくっつかなくて大変かもしれません。
 ちなみに、しるぴんはそのままでしたが、
 胸のサイズを元パーツより変更したい場合も、
 ここまでの段階で済ませておきます。
 後ろはセーラー服の襟みたいになっているので、
 フリルをつける前に形を作っておきます。
 やっぱり細長くしたパテをくっつけていって、
 押さえたり引っ張ったりしてフリルっぽくします。
 鉛筆で薄く印をつけておくと便利です。
 胸まわりから後ろへと繋がる部分は、
 袖の上に来るので、袖パーツをつけた上から盛ります。

 ■リボンを作る
 ブラウスとエプロンのリボンですね。
 付け外しが出来ると組み替えパーツっぽくて楽しいんですが、
 諸事情により全て接着するタイプとして作りました。
 胴の形が出来たら、リボンを作りたい部分にパテをつけて、
 おおまかな形にしておいて、
 固まったらカッターで削って形を作ります。
 形が決まったら、紙やすりで削ったり磨いたりします。
 小さいところを丁寧にやりましょう。
 荒いのでがーっとやるとフリルが死にます(

 服の形が出来たところで、頭と合わせてみた写真がコレ。
 しるぴんメイキング10

 ■服の塗装
 全部のパーツが済んだら塗装します。
 塗装前に下地剤を塗るか塗らないかはお好みで。
 しるぴんは付け外しパーツの無い、
 全部で1つのパーツとして作ってしまったので、
 塗り分けがとても大変でした。
 おまけに白と黒なので、黒をはみ出すと大変…。
 はみ出したら白で隠すんですが、よく見ると汚いかも。
 納得がいくまで塗り終わったらよく乾かしてから、
 トップコートを吹けば、一安心できます。 

 ■靴を作る
 最初の写真だと暫定的にブーツだったんですが、
 しるぴんの靴は『剣士の靴』なので、
 より改造に向いたパーツを選び直しています。
 革靴っぽいパーツを使いました。
 しるぴんメイキング11
 まず、靴部分をカッターで軽く削り、
 パテを使って表面を滑らかにして、
 足首の部分にぐるっとパテを盛りました。
 固まってから削って、靴の形を決めてしまいます。
 パテを細くしたものを靴に乗せて靴紐にします。
 全て終わったら、やはり紙やすりで磨いておしまいです。

 ここまでの途中経過。
 しるぴんメイキング12

 ■足の塗装
 しるぴんの靴は紐が灰色で靴と靴下は黒です。
 黒で全体を塗り、乾いたら紐を塗っておしまい。
 こちらもよく乾いてからトップコートを吹いてます。

 ■駆け足でしたが、こんな風に作りました。
 写真が少なかったのは、記事にする予定が無くて、
 幾らか作業が進んで、服に見えるようになってから、
 頭と合わせて見て貰えばいいかーと思ってたからです。
 顔や髪ほどはこまめに見せてなかったのです。
 ここに使った写真は、実際にシルさんに見せたものです。
 写真があるところ=確認してもらったところ、です。
 服だけとか靴だけとかの作業の時も、
 一旦全部組み上げて、全体写真として見せてました。

 完成写真はファンアートに投稿しました。→こちら

 長くなりましたが、読んで下さった方お疲れ様でした。


追記を閉じる▲
 ■スカートの裾にフリルをつける
 パテを練って細長くしたものを、スカートの裾に巻き付けます。
 指で伸ばして一周させて、表にも裏にもしっかりつけます。
 長さや厚みを均一になるように整えてから、フリルにします。
 爪楊枝などを使って、軽く押さえると裾が曲がるので、
 外側に曲げたら隣を内側に、と順番に曲げていきます。

 ■エプロンを作る
 まめったい人は分割しちゃうのかもしれませんが、
 私はそのままパテを盛って一体化させて作りました。
 マビssを見ながらエプロンの形にパテを盛り、
 固まってから削って、フリル以外の形を整えて、
 スカートの時と同様に細長いパテをくっつけます。
 ただしこちらは柔らかいうちに波立たせるのでは無く、
 固めてからカッターで切り込みを入れて凹凸を作っています。

 ■ウエストあたりを作る
 やり方はエプロンの時と同じ感じで。
 念の為、外していた腕パーツをつけて、
 干渉しないか見たりバランスを見たりしながら。
 しるぴんは腕を曲げて手を腰に当てるパーツなので、
 あんまり気にしなくても良かったのですが、
 普通の自然に腕を下ろしているパーツなどでは、
 ここでぶつかることも考えられるのです。

 ■腕パーツ(袖)を作る
 少し膨らみぎみの袖の形に盛って、
 カッターでフリルを削り出してます。
 腕は胴に接続するので、胴にメンタム塗って、
 パテがくっつかないようにしてから、
 腕をはめた状態でパテを盛るといいかんじです。
 固まってから外して、削って形を整えました。

 ■上半身の細かいトコを作る
 上半身の形を整えて、軽くやすりがけしておきます。
 ただし、あんまりつるつるに仕上げすぎると、
 パテがうまくくっつかなくて大変かもしれません。
 ちなみに、しるぴんはそのままでしたが、
 胸のサイズを元パーツより変更したい場合も、
 ここまでの段階で済ませておきます。
 後ろはセーラー服の襟みたいになっているので、
 フリルをつける前に形を作っておきます。
 やっぱり細長くしたパテをくっつけていって、
 押さえたり引っ張ったりしてフリルっぽくします。
 鉛筆で薄く印をつけておくと便利です。
 胸まわりから後ろへと繋がる部分は、
 袖の上に来るので、袖パーツをつけた上から盛ります。

 ■リボンを作る
 ブラウスとエプロンのリボンですね。
 付け外しが出来ると組み替えパーツっぽくて楽しいんですが、
 諸事情により全て接着するタイプとして作りました。
 胴の形が出来たら、リボンを作りたい部分にパテをつけて、
 おおまかな形にしておいて、
 固まったらカッターで削って形を作ります。
 形が決まったら、紙やすりで削ったり磨いたりします。
 小さいところを丁寧にやりましょう。
 荒いのでがーっとやるとフリルが死にます(

 服の形が出来たところで、頭と合わせてみた写真がコレ。
 しるぴんメイキング10

 ■服の塗装
 全部のパーツが済んだら塗装します。
 塗装前に下地剤を塗るか塗らないかはお好みで。
 しるぴんは付け外しパーツの無い、
 全部で1つのパーツとして作ってしまったので、
 塗り分けがとても大変でした。
 おまけに白と黒なので、黒をはみ出すと大変…。
 はみ出したら白で隠すんですが、よく見ると汚いかも。
 納得がいくまで塗り終わったらよく乾かしてから、
 トップコートを吹けば、一安心できます。 

 ■靴を作る
 最初の写真だと暫定的にブーツだったんですが、
 しるぴんの靴は『剣士の靴』なので、
 より改造に向いたパーツを選び直しています。
 革靴っぽいパーツを使いました。
 しるぴんメイキング11
 まず、靴部分をカッターで軽く削り、
 パテを使って表面を滑らかにして、
 足首の部分にぐるっとパテを盛りました。
 固まってから削って、靴の形を決めてしまいます。
 パテを細くしたものを靴に乗せて靴紐にします。
 全て終わったら、やはり紙やすりで磨いておしまいです。

 ここまでの途中経過。
 しるぴんメイキング12

 ■足の塗装
 しるぴんの靴は紐が灰色で靴と靴下は黒です。
 黒で全体を塗り、乾いたら紐を塗っておしまい。
 こちらもよく乾いてからトップコートを吹いてます。

 ■駆け足でしたが、こんな風に作りました。
 写真が少なかったのは、記事にする予定が無くて、
 幾らか作業が進んで、服に見えるようになってから、
 頭と合わせて見て貰えばいいかーと思ってたからです。
 顔や髪ほどはこまめに見せてなかったのです。
 ここに使った写真は、実際にシルさんに見せたものです。
 写真があるところ=確認してもらったところ、です。
 服だけとか靴だけとかの作業の時も、
 一旦全部組み上げて、全体写真として見せてました。

 完成写真はファンアートに投稿しました。→こちら

 長くなりましたが、読んで下さった方お疲れ様でした。

【2008/09/26 20:30】 | Pinky:mabi
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。